タグ別アーカイブ: モレスキン

[読書メモ]「思考の整理学」にモレスキン活用法を見出す

先日通称モレ本「モレスキン 『伝説のノート』活用術」
の購入をきっかけとしてノート術にすっかりハマってる今日この頃。モレ本を読んで、また思考の整理学 (ちくま文庫)
を読みたくなったので、一部読み返してみた。

モレ本との共通点

(以下、「」は引用)

p.97〜 「手帖とノート」

  • 「三上」=「鞍上、机上、厠上」で思いついたことを書き付ける。鞍上は馬の上のことで、「いま様に言うなら通勤電車」です。「厠上」はトイレですね。どこでもメモをとるクセをつけることを強調しています。モレ本の堀さん流に言うなら「ユビキタスキャプチャー」でしょう。
  • 「手帖の中でアイディアを小休止する」書いたものを寝かせておくそうです。あとで見返してこれはと思うものをノートに書き写す。
  • 「このノートはいい加減な安物でない方がいい」

p.105〜「メタノート」

  • 「苗を田植えで移植する」と「急成長する」ようにノートのアイディアをさらに「メタノート」に移行してやる。堀さんも「メタノート」という言葉を使われてます。堀さんの場合は、最初が「ノート」次が「メタノート」ですね。名前を除いて考えると、気になるアイディアを別なノートに書き写しておくという点は共通しています。

「思考の整理学」流HowTo

次に、思考の整理学が言及している細かな「手帖」、「ノート」、「メタノート」のルールをピックアップしてみます。モレスキン活用に参考になるHowTo部分です。

「手帖」

  • 手帖の「日付もケイも無視する。」モレスキンルールドノートには日付欄がなく、罫線がびっしり引いてあるので気にすることはありません。
  • 手帖では「スペースを節約しなくてはならないから、細かい字で要点のみ簡潔に書く」:これは手帖、ノート、メタノートの三段式で、手帖はアイディアを育てる場所ではなく書き留める場所という考え方だからですね。モレ本では毎日のレビュー時に加筆したり強調したりという作業を奨めているので、どこでアイディアを育てるかという考えの違いでしょう。
  • 「頭のところに通し番号を打っておく」(以上、p.100)

「ノート」

  • 1ページに1アイディア
  • 「手帖にあったことを箇条書きにして書き入れる」「手帖には3つくらいしかなかったものが(中略)5つにも6つにもなる
  • 「ノートへ移した日付」「手帖のときの通し番号」を書き込む
  • 「関連のある新聞や雑誌の切り抜き」もあれば貼付けておく。(以上、p.101)

「メタノート」

  • 1見開きに1アイディア
  • メタノートへ入れたものは自分にとってかなり重要なもので、相当長期にわたって関心事となるだろうと想像されるものばかりのはずである」(p.106)

以上、ごく個人的に気になった/参考になった部分のみピックアップしてみました。「思考の整理学」では図を交えて説明してあるのでほかにも参考にことがきっとあるでしょう。

おまけ〜モレ本の評判〜

モレ本のAmazonレビューが結構手厳しいですね。たしかに「☆ゼロ」とか「モレスキンでなくてもいいじゃん」などの意見が出てますね。「手帳術やライフハック・GTD」などに興味のある読者を対象にしているとすると「新鮮味にかける」というのは同感。そういう意味では「モレスキンでなくてもいいじゃん」は正解なのかもしれません。期待の大きかった層からしてみたらライフハックをはじめましょう的な本の中でモレスキンが紹介してあるっていうレベルの内容だったのかもしれませんね。
次は「モレスキンマニア」的なタイトルの本で、活用事例をたくさん紹介してあるとうれしいですね。

 
p_2048_1536_0A25A67E-2CDD-4FCF-B8DD-3C7E323FB1BB.jpeg

モレスキンと過ごした1日目まとめ

昨日モレ本とセットで購入したモレスキン。モレ本を羅針盤にして1日使ってみた感想と決意を吐き出してみます。(内容は1日目にモレスキンに書きつけたメモから書き起こしています。)

で、中身の前に・・・、この記事のタイトルはiPhone関連の某有名ブログのエントリをパクリ参考にさせて頂いてます。あちらほど内容やクオリティがないのにごめんなさい、釣(ry

最初に手にした感想

初めて手に取ったその瞬間に愛着が湧いた」お気に入りのステーショナリーを見つけたという感覚、誰でも一度は味わったことのあるほくそ笑みたくなる、あの感じです。表紙の皮の質感、ゴムバンド、拡張ポケット、一気に引き込まれました。

使用法(予定)

モレ本を参考にして、GTDをモレスキンでやることにしました。

活用フロー

▼こんなフローです。手書きそのまんまです(^^;

ポイントはモレスキンの前後両方からノートを使うという点です。左開き(通常の向き)で思いつきなどを書き込み、Inboxとして働いてもらいます。「ユビキタスキャプチャー」が原則です。Inboxに書き留めたアイテムは、毎日のレビューでGTD的に整理します。Single Actionでできるものは、別のスケジュール帳にTodoとして書きつけます。Project化すべきものはモレスキンを裏表紙からめくったProjects Listに記入します。今は無理だけどいつかやりたい”Someday“に該当するものはモレスキンの最終見開きをSomeday Listとしてそちらに記入。

最後に、GTDとすこし違うのですが、分類されなかったアイテムはモレスキンの中でそのまま寝てもらいます。週次レビューで見返して、もう一度気になったものだけ別のモレスキンに書き写します。昨日の記事で書いた通り、モレ本を参考にして「インフォブック」をメタノートとして使うつもりです。このあたりのフローは思考の整理学をもう一回読んでブラッシュアップしたいところ。

ブログのネタ帳化

上記フローのモレスキンで寝てもらうアイテムたちはBlogのネタ帳として活用されるだろうと考えています。ひとまず、写真にもあるように、ブログに書きたい内容はBlogというタグをつけることにしました。これでネタに困らないはず!記事にした後はタグを棒線で消します。

Evernoteとも連携させる。

GTDに話を戻すと、ProjectsSomedayに移行したアイテムは、Evernoteとも連携させます。具体的には、アイテムに関係する資料があれば、タグを付けて(Evernote上のtag)Evernoteに放り込むようにします。Someday, Projectsというノートブックに放り込むことになります。

Somedayノートブックには例えば温泉旅行や海外旅行や留学などのタグがついたノートが入るでしょうか。行きたい観光地の写真や食べにいきたいお店のリストなどが放り込まれ、「煩悩の数だけSomedayアイテムがある」ということになるでしょう(これが言いたかっただけw)。煩悩をそのままにせず徐々に肉付けしていって具現化する、肉付けを助けるのがEvernoteであるという考え方です。

手帳を自分で作る

昨日の繰り返しになりますが、「『できる人』は自分の手帳を作る」これが大事で、永遠の課題でもあります。とりあえず上のフローで運用を試みながら自分にあったスタイルを身に付けて行きたいなと思っています。

そしてモレ本には手帳作りのヒントがたくさん隠されています。モレスキンを使い始めてみようかなぁとお悩みの人には、モレ本とモレスキンのセット購入がおすすめです。セットを扱っている書店は限られているかもしれませんが、一度足を運んで立ち読みから(@mehoriさんごめんなさい)はじめてみてはいかがでしょうか。きっと次の瞬間にはモレスキンの魅力に取り付かれて、セットを手に持っていることでしょう!