カテゴリー別アーカイブ: 音楽

1曲18円で最高のコストパフォーマンス。「カフェで流れるラウンジJAZZデラックス」

iTunesで見つけた格安のコンピレーションアルバム。

50曲で900円。なんと1曲18円!

カフェで流れるラウンジJAZZデラックスです。

▼Amazonでも同じアルバムが近日発売になっていますが、こちらは1,980円。2枚組で曲数は同じ。

以前、こういうアルバムだけ探して集めてみた事がありました。
たまにこういうコンピレーションものが登場しますね。
なんとなくBGMを流しておきたい時にはいいかもしれません。

 

ビートルズは偉大か

Appleの壮大な釣りを経て発表されたiTunesでのビートルズ取扱い。係争とかいろんな経緯があったからこそああいう表現だったんだろうけど、そういうのとは関係ないところで僕はこの発表を歓迎している。やっぱりビートルズを尊敬しているから。

昔々・・・

僕自身、学生の頃、バンドをやっていた。下手っぴなくせにプロになりたいとか言って、ギター担当の友人と夜な夜なオリジナル曲を作るのが楽しくてたまらなかった。

あくまでも素人なんだけれども、アレンジにこだわるのが楽しかった。「聞いてて飽きない展開を作る」「ここまでくると飽きてくるから、ここで展開を変える」とか。

当時の流行曲の構成を次々に分解してパターン化して分析したりもした。A-B-サビ-A-B-サビ-C-サビみたいな超ベタベタな展開に始まり、A-B-A-B-Aみたいな少し変わった展開とか。他にもどこで転調してどういう風にもとの調に戻ってくるかとか、ギターが左右で何本重ねて録音されているか、などなど。理系だったからか、そういう分析がふたりとも大好きだった。

ビートルズが時代を超える理由

ある程度自分たちの中に引出しが出来た頃に、久しぶりにビートルズの曲を聞く機会があった。録音状態が決して良くない初期の楽曲からいろいろ聞いた。そのうち、ふたりはふと顔を合わせた。

なにこれ、全部ビートルズがやってるやんか。

そう、それまで色々分析してきた中で面白いと思ったアレンジはすでにビートルズがやりつくしていたのだ。僕は決してリアルタイムでビートルズを聴いた世代ではない。でも、そのとき自分たちが聞いていた最新の楽曲のアレンジで使われているアイディアの多くは、ビートルズがすでにやっていた。ビートルズって何者なんだよ。そう思った。

オブラディオブラダでベースをダブリングしたり、イエローサブマリン他でボーカルの定位が真ん中じゃなかったり。当時顔を見合わせた曲はなんだったか思い出せないのが悔しいところ。

今回の発表でまたビートルズを聴くきっかけが出来たかな。

 

眠れぬ夜のお伴に- 究極の眠れるCD

今日はiPhoneから少し離れた話題を。

iTunesにこんなのがあります。

(クリックするとiTunesが起動します。)

とある眠れない夜になんとなく購入したヒーリング音楽です。波の音や水の音にうすーく音楽が乗っかってる感じで延々1時間あります。最初聞いた時は、その音楽部分の意味のないパターンが気になって、逆に眠れなくなってしまったんですけど、音楽部分に聞き飽きて(笑)、聞き流せるようになると、本当に魔法のように眠れるようになりました。私はiPhoneで音量を最小(Volumeボタン1回押し)でインナーイヤーのヘッドフォンで聴いてます。インナーイヤーを使ってるのは、相方のいびき対策なんですが(涙)

最近自分なりに掴んだ良質な入眠のコツとしては、入浴を少し早めに済まして、熱くなった体温が若干下がったところで、涼しめの部屋で寝る、っていうのがいい感じです。運動するとさらに効果てきめんです!ってなんのブログだかよくわからんくなってきたな。

ホントによく眠れます。聴き飽きてきた頃に効果発揮です!

 

ドラクエの音楽はパクリだった?

今日は小ネタで。
ドラクエ1のフィールド音楽に似過ぎのクラシックをご紹介します。以前紹介した激安アルバム「ヒーリングピアノ」に入っていた曲で、初めて聞いた時には耳を疑いました。クラシック好きの方にはしられている話のようです。
続きを読む