Evernoteのソフトウェアアップデート後に発生しうる「全ノート重複問題」の対処方法

Mac版のEvernoteをずーっとアップデートせずに久しぶりにアップデートしたら事件が起こりました。

全ノートの重複です・・・。

重複の状況としてはすべての同期ノートブックがローカルノートブックに複製されたような状態。

やろうと思えば、ひとつひとつ手動でローカルノートブックを削除することも出来ますが、これがなんとまぁ時間のかかること・・・。
1個消すたびに4, 5分待ちもざらという感じでした。

Googleさんに「Evernote ローカルノートブック 重複」とか聞いてみるけども答えが見つからず。バグなら同じ症状のひとが必ずいるはずと思って、英語で検索してみたら出てきました

そこに書いてある方法を試してみたら無事解決したので、メモしておきます。

方法

Evernote関連のデータをまるごとリネームして、再度サーバーからデータを取ってくるという方法になります。

1. Mac版の同期ノートブックがサーバーと同期しているか確認

まずはWeb版なりiOS版なりを表示してみて、Macで最後に行った変更がサーバー側にアップされていることを確認します。試しにノートを新規作成して、同期されるかどうか見るのもいいでしょう。

2. Evernoteアプリケーションを終了させる。

アプリケーションを正常終了させます。

3. 重複してしまったデータベースをリネーム

Evernoteアプリケーションを一旦終了させて、データベースをリネームします。

mv ~/Library/Application\ Support/Evernote ~/Library/Application\ Support/Evernote.old

4. Evernoteを再起動

再びEvernoteのアプリケーションを起動します。同期が終わるのをひたすら待つ。

同期そのものにはやはり時間がかかります。ひとつひとつインタラクティブにローカルノートブックを消すよりは係りっきりにならずに済みますが、お時間に余裕のある時にどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です