ランニングシューズ、Nikeフリー ラン+2のその後

忘れないうちに、Nike Free Run +2の感想をメモしておきます。

履き心地

何度かこれで10km走ってみました。本当は足をならす為に2, 3キロくらいにしたほうがよかったのかもしれませんが、大丈夫そうだったのでガンガン走りました。

たしかに店員さんが言ってたように、足の蹴り出しに力がいるらしくいつも以上に足の疲れを感じました。大地を掴むような心地よさ、そして、鍛えられている感たっぷり。

一方でマメもできました。僕は扁平足なので土踏まず部分に長いまめが出現。ソールが薄い分、足の裏への負荷はなかなかのものみたいです。週に1回くらいこれを履いたランを取り入れるといいのかなと思います。

裸足への回帰

どうやら、最近は裸足ブームのようで、こんな記事もあります。ハワイでは裸足でランニングしている人がいるとか(ぇ。裸足に近い感覚のスポーツシューズとして、ナイキフリーのことも紹介されています。

最も裸足に近そうなシューズ、ビブラムファイブフィンガーズって靴が猛烈に欲しい今日この頃。

ともあれ、しばらくはNike Free Run+2で走り続けます!

 

ランニングシューズ、Nikeフリー ラン+2のその後」への6件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です