スマートカバーのようなiPhoneカバー「TidyTilt」がやってきた

KickStarterで注目を集めたiPhoneカバー「TidyTilt」が我が家にも届きました。

じゃーん。
RIMG5154

iPadのスマートカバーのように様々な用途に使えるのが売りです。


▼パッケージ。袋入り。
RIMG5148

▼パッケージ裏
RIMG5149

▼カバーの本体は金属フレームと風呂蓋のような板。
RIMG5150

▼金属フレームはシール状になっていて、iPhoneの裏面に貼付ける仕組み。
RIMG5151

▼風呂蓋がマグネットになっていて、金属フレームに引っ付きます。
RIMG5152

▼イヤフォンを巻き取ったり。
RIMG5153

▼三角に丸めてスタンドにしたり。
RIMG5154

▼カメラ部分にZOOM。少し加工が雑かも?
表面はハニカム模様です。Backer募集当時はつるんとした表面だったのですが、諸々の問題で変更になったようです。
RIMG5155

▼冷蔵庫に貼付けたり。
RIMG5156

感想

機能性
当初のうたい文句通り、いろいろな役割を果たしてくれるところが大きな利点でしょう。わたしはスタンド用途が気に入りました。事務机などで表面がステンレス製になっている場合は、スタンドとして利用時にマグネットのおかげでしっかりと固定されます。これが予想外にいい感じ。
デザイン性
少し期待したのですが、若干加工が安っぽくて「いいもの使ってるぜ」感が薄いのは否めません。
保護性能
カバーとしての保護性能はあまり高くないでしょう。気になる人は純正バンパーのように本体周囲の金属部を保護するケースや、液晶面を保護するシールを貼った方がいいですね。私は後者のシールのみです。
その他
あとは金属フレームを貼付ける接着素材がホコリを集めやすいです。位置ずれ無く貼付けられたらそういうことはなかったのかも。また、カバー本体がマグネットなので電子コンパス利用時は取り外して使用する事になります。

▼スマートカバーのぱちもん。これと比べるとどうなのか・・・。

 

スマートカバーのようなiPhoneカバー「TidyTilt」がやってきた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です