iMacのメモリ増設

我が家のMac君、IntelベースのiMac (Early 2008) にメモリを増設することにしました。正直とりわけ動作が重たいとかそんなわけでもなかったんですが、メモリの価格を見て、「あ、こんなに安かったんだ」と思ったら買うの買わないのと迷う余地がなくなりました。

ちなみに購入したメモリは、Early 2008が対応しているDDR2 PC2-6400です。2GBで2980円。ネットで見てる限りだと、Early 2009版に搭載するDDR3もあんまり値段は変わらないようですね。

ちなみに、Intel iMacはSO-DIMMなんですね。今日の今日まで知りませんでした。さすがにこれだけ省スペースな筐体だったら普通のDIMMはありえないか。しかし、SO-DIMM 2GBで2980円なんて想像してなかったです。

参考までに私が今晩注文したブツ PC2-6400 2GB SO-DIMM

DDR3はこちら。安いねー。PC3-8500 2GB SO-DIMM

ちなみに、メモリ購入を考えるきっかけというのはちゃんとあって、実は、Windows7のβ版を、1GBしかメモリをつんでいないMac上のVirtual Boxにインストールしたらクソ重たくてお試しどころじゃなかったんですね。リベンジするにはまずはメモリ増設だなーと思っていたのもあって、購入に至りました。Macとして使ってる分には、そんなに重たい訳じゃなかったんですよ、と繰り返してみる。また信者おつって言われちゃうかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です