1000000230

iMac Early 2008 20インチモデルの消費電力を測ってみた。

うちはiMacを立ち上げっぱなしです。iSightを監視カメラ(?)として使ったり、iPadからAirvideoでアクセスしたり。サーバー的な役割を果たしているわけですね。で、気になるのは電気代。というわけで測ってみました、iMacの消費電力。

なお、ほかにもググれば過去に測った人がみつかります。今回は自分の使用しているモデルの情報がなかったので測ることにしました。

使用するのはワットチェッカー。まずはこれを購入・・・。そして、iMacとコンセントの間に繋いで消費電力を測ります。

▼買ったのはこれ。

以下、詳しく。

測定

測定環境

対象
iMac (Early 2008) 20 inch
条件
起動直後.Wi-Fi, BluetoothともにON
方法
サンワサプライ TAP-TST5ワットチェッカーで”W”ボタンを押すだけ

測定結果

電源オフ時
0w (もちろんコンセントは接続)
スリープ時
3W
無負荷時 ディスプレイ輝度最低
45W
無負荷時 ディスプレイ起動最大
70W
無負荷時 ディスプレイoff
35W

やっぱり液晶バックライトの消費電力は大きいですね。明るさが最大だと液晶オフのときの2倍も消費しています。もっとも僕は明るいのが苦手(ネクラ?)なので、いつもディスプレイの輝度は最低にしていますが。

また、USB機器は接続したままだったので、実態としてはもう少し下がるかもしれません。

 

iMac Early 2008 20インチモデルの消費電力を測ってみた。」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Macのディスプレイを簡単にオフにする方法 - macj's Log

  2. ピンバック: 新しいApple TVが圧倒的に優れている理由 - macj's Log

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です