追悼 Mr.Jobs…

今日この日感じた喪失感を僕は忘れることはないと思う。

いつもの通りに通勤電車でiPhoneでTwitterをのぞくとそこに飛び込んできた訃報。
身近な友人を失ったときに感じた心に穴の空いたようなあの感じ。

僕はあなたが重い病気を抱えていることをニュースで見聞きして知っていたのに、なぜかこれからもそこにいてワクワクさせてくれることを当たり前のように感じていたのかもしれない。CEOを引退したあとでさえも。

まるで親しい友人とはいつでも再会できるかのような錯覚。

失ったものは大きい。

僕らはこれからもかわらず毎日を生きていく。
でも今日という日を境に世界は変わった。

今日はそういう日だ。
忘れることはないだろう。

ミスタージョブズ、おつかれさま。ありがとう。
あなたが描いたすばらしい未来を僕らが生きることができますように。

 

追悼 Mr.Jobs…」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です