タグ別アーカイブ: Evernote

第2回DpubでEvernoteを語ろう

まもなくDpubですね。Ryoannaさんのエントリー見ました。そうそうたるメンバー。こんな中に乗り込んで大丈夫なんだろうかと不安で一杯です(汗)

第2回 Dpub コメント付きメンバーリスト ~ @ttachi に愛を込めて ~ – #RyoAnnaBlog


DpubではEvernote好きクラスタと話をしたいなぁと思ってます。折角お話できるのであれば、共通の言語があったほうがいいかなと思っています。

というわけで、なんの影響力もありゃしないですが、勝手にフレームワークを用意してみました。
続きを読む

 
eye-fi-evernote-tag

Eye-FiからEvernoteに突っ込むと・・・

Eye-FiからEvernoteに写真を突っ込み続けてます。

オリジナルの写真の管理はiPhotoでやっているので、管理というより特に目的もなくEvernoteになんでも突っ込んでおこうという感じです。とりあえず入れておいて、あとからブログや仕事などにふと使いたくなった時にすぐに引き出せる場所という位置づけです。

これからEye-Fiを買う人に捧ぐ

自分の運用方法はさておき、以前自分がEye-Fiを購入した時にEvernote連携がどういうものか情報を見つけられなかった記憶があります。というわけで、今日はEye-Fiから送られた写真がEvernoteにどういうふうに記録されるかをご参考までに紹介しておきます。

Evernoteで自動的にタグが付く

アップロードされた写真は1枚ずつノートになります。全てのノートには下記のタグが付与されます。アップロード先のノートブックや好きなタグなど細かい設定はできません。

  • Eye-Fi
  • 日付 (2010-11-17みたいな感じ)

▼タグは階層化されている。

解像度は設定可能

ただし、アップロードする解像度は指定できます。オリジナルでアップロードを続けていたらすぐに500MBがいっぱいになりそうですしね。
設定可能なサイズは以下の4通り

  • オリジナルサイズ
  • 1600ピクセル(推奨設定)
  • 1024ピクセル(僕はこれ)
  • 640ピクセル

▼解像度の設定は4通り

Eye-Fi関連では前にこんな記事を書きました。
Eye-Fi+Picasaで親孝行

ムービーはこんなかんじ。
Picasaにアップロードした動画を見れるiPhoneアプリ iPicasso

活用方法はこのころと変わってません。

Eye-FiにもEvernoteにもこれからを期待しています。

 
20101113-211751.jpg

Evernote for iPhoneがアップデート。Safariから直接PDFを流し込み可能に。

Evernote for iPhoneに大規模なアップデートが来ました。そのひとつの機能で個人的にずっと欲しかったものがありました。

タイトルの通り、iPhoneのSafariやメールアプリから直接PDFをEvernoteに流しこめるようになったのです。iBookアプリにPDFを送っていたように、Evernoteアプリで開けるのです。

▼SafariでPDFを見ているところ。ここで左側のボタンをタップする

▼すると、GoodReederやiBookと並んで、Evernoteが選択肢に現れるようになりました。

 
PhotoSpread_1285079277348000001_full

究極のメモアプリNotifyを即ポチ。Evernoteが手書きメモパッドに早変わり。

即ポチです。これだけの機能が入って、iPhoneとiPad両方で使えて、115円(2010/9/21現在)かよ!と盛大に突っ込みたくなるアプリ。

こちらで知りました。すばらしいまとめですよね。そしてこのクダリ、やられました。

さて、もう一度、NotifyのEvernoteとの同期機能をよーくイメージしてみてください。Notifyに手書きメモを作成します。我々が知らないところで、いつのまにかまったく同じ内容のPDFファイルがEvernoteに保存されています。これって、Evernoteを手書きメモとして使っているのと同じじゃないでしょうか。ね、そういうことになるでしょ。

まさしくその通りでした!ずっと要らないと思っていたスタイラスが欲しくなりました。

▼こんな感じにノートを作れます。写真、手書き、キーボード文字入力、図形、音声録音などが可能です。

▼できたノートはEvernoteの「Nortify」ノートブックにPDFとして同期されます。

「FastFinga」でよくね?とか聞こえてきそうですが、そうじゃないのです!!
Evernoteに送信するアプリならいろいろあったのですが、このアプリはあとでノートに加えた編集も自動的にEvernoteに反映されるという点で他のアプリに勝るのです。そう、「同期」だから!

Evernote連携の注意点

誤解を招きそうなので注意しておきたい点としては、すでにあるEvernoteのノートをNortifyのノートに挿入する機能はあまりいけてません。ひとつのノート内の画像と文字が別なファイルとして、こんな感じになります。
▼Evernoteに入れたウェブクリップなどのノートを読み込むと、テキストとノートがばらばら。スクリーンショットを貼付けたノートも「スクリーンショット」の文字だけが表示される・・・。

あくまでもオススメできるのは、新規ノートをNortify内で作成し、それをEvernoteに同期することです。同期は一度設定すると自動的に行われ、同期されたノートはEvernote上ではPDFとなります。Evernote上でそのノートにテキストを入れたり、画像を挿入したりすると、また上記のようなバラバラ事件になるので注意が必要です。あくまでも編集はNortifyからやるということになります。

とはいえ・・・

ここまで本格的にノートとしてiPad(もちろんiPhoneもユニバーサル対応)を使えて、DropboxやEvernoteにノートをExportできるアプリが115円とは驚きです。とりあえず落としておいて損はないでしょう。

Underscore Notify 2.0.1(¥115) for iPhone

更新:2010/09/10 powered by hiro45jp

Underscore Notify 2.0.1
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥115
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降が必要
App

imagesimages

 
iPhon002

Evernote+Shazamで気になった音楽をビジュアル化して管理しよう

ShazamもEvernoteもみなさん既にご存知ですよねー。組み合わせるだけなんですけど、このふたつを使うと実はビジュアル的にいい感じな「気になる曲リスト」が作れるんです。最近のマイブームです、ご紹介します。
▼街中やラジオで流れている音楽の曲名・アーティストなどをShazamを使ってゲット。
▼曲が見つかったら「ハガキを送る」を選択(変な翻訳・・・。送られるのはもちろんEメールです)
▼EvernoteのIncoming e-mailアドレスに送信すると・・・、ジャケット画像とともに曲名/アーティスト名が記録されます。
▼Evernoteでタグ付けしておくと、ビジュアル化して一覧することが出来ます。(メールのタイトルから不要な「Shazamを使って」の部分を消しておくとアーティスト名で並び替えが可能です。)
他にもメールで記録するときに曲の雰囲気や感想をメモしておくと活用しやすくていいかもしれません。Evernote+Shazamおすすめです。

更新:2010/09/02 (powered by hiro45jpさん)

Shazam 3.0.0
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
App