iPhoneからFlickrへUploadする時に撮影日を保持する方法

FlickrApp
FlickrにはiPhoneからUploadしたり閲覧したりするアプリがたくさんあります。FlickrFlickr純正アプリFlickitFlickitなど無料で非常に完成度が高いアプリばかりです。しかし、困ったことに撮影日(Date Taken)がUploadした日(時間も)に変更されてしまうというバグ(仕様?)を抱えていて、せっかくの良アプリが泣いている状況が続いています。

それでいい方法はないかと探していたところ、こんな記事を見つけました。

iPhone Flickr Upload Apps Comparison

一番優秀なのはメール

この記事の比較結果によると、各アプリは下記のような挙動をするようです。

Flickr Upload iPhone App Comparison

そしてメールで送るのが一番!という結果になっています。というわけでメールで送りましょう。

メールで写真を送る方法

メールに写真を添付して送る方法は上の比較にもあるように2通りあります。

  • カメラロールから共有(Share)
  • カメラロールで写真をコピーしてメールに貼付け

カメラロールから共有(Share)でメールを作成すると、解像度が落ちます。オリジナルの解像度でUploadしたい場合は、後者のコピー&ペーストする方法をとります。(あくまでもMMSではありません、Mailです。)ちなみにi.softbank.jpのアドレスだと送信メールの上限容量1MBまでのようで、オリジナルの解像度で送るにはやや無理があります。ですので、Gmailや他のアカウントを使いましょう。

まとめてコピー&ペーストする方法などはこちらに詳しく説明されています。参考になりました。
酔いどれオヤジのブログ|iPhone OS 3.0 Mail に写真を複数枚添付する

Date Takenが正しいとうれしいこと

MomentoにFlickrとTwitterが時系列で一緒に並ぶ

今さらながら僕はMomento (Diary/Journal)にはまってるのですが、Date Takenがキレイに並ぶとこんな感じになります。

Momento with Flickr and Twitter

完了待ちいらずのバッチ送信が可能

添付ファイルの許す限り大量の写真を同時に添付して送信することが可能になります。10MBを超える容量のUploadもメールサーバーさえ許せば問題なしです。アプリでもバッチ送信が可能ですが、アプリを起動したまま待っておく必要がありますが、Mailならばネットワークにつながっている時に勝手に送ってくれるのでぼーっと待つ時間が全く無用になります。これがメールで送る最大のメリットかもしれません。(もちろんOS4.0ではマルチタスク対応になるので、今後アプリ達も改善が期待したいところですね。)

 

iPhoneからFlickrへUploadする時に撮影日を保持する方法」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です