ピクチャ 12.png

iPhoneで英語学習(その4)スマートプレイリストで忘却曲線に立ち向かう

ESL_lists.png
昨日スマートプレイリストについてのエントリーを載せたのですが、ふとその活用方法が思いつきました。

英語学習×スマートプレイリストです。

Podcastやその他音源(Duoなど)を使って英語学習をされている方は多いと思うのですが、一度聞いただけでは学習効果が薄いもので、せっかく耳にした単語や表現も頭から抜けてしまいがちです。資格試験勉強にしろ語学学習にしろ、やっぱり復習が大事です。

そういうわけで、復習をするために、例えばPodcastで一度聞いたものもiPhoneへ入れておくことを考えてみるわけですが、効果的な復習には、初めに学習してからその日の内にもう一度、1週間後、1ヶ月後、(3ヶ月後)、半年後にそれぞれ同じ内容を学習するとよいとかなんとか言われています。何も考えずに半年後にも聴けるようにiPhoneに入れておくと、さすがに容量をひっ迫させます。私の聞いているESL Podcastは3、4日に1回程度更新されていて、半年で容量にして1Gを超えます。デカイ!

ここでスマートプレイリストが役に立つだろうというわけです。

ご存知の通り、スマートプレイリストでは、聞いた回数や最後に聞いた時期などを条件にプレイリストを作ることができます。

今日は、少し頭をひねって、下のような要領で復習ができるスマートリストを作ってみました。

めざすところ

  • 新規では1日1個のポストを聴く。
  • その日のうちにもう一度聴く。
  • 1週間後にもう一度聴く。
  • 1ヶ月後にもう一度聴く。
  • 3ヶ月後にもう一度聴く。
  • 半年後にもう一度聴く。
  • それぞれの回では数日猶予を持つ。(聴けない日もありそうなので)

条件式

作ったスマートプレイリストの条件は以下の通り。

▼まずは完成したリストたちとリストフォルダ
ESL_lists.png

▼ESL0 (新規で聴く分)
再生回数が「2回より小さい」ものをピックアップしてます。一度にリストに登録されるのを5つまでとしました。私の場合一週間くらいiPhoneを同期させないこともありそうな一方で、あまりいっぱい入れすぎるとまた何を聴いたかわからなくなりそうなので5つくらいがほどよいかなと思ったわけです。

ちなみにESL PodはEnglish Cafeと通常のSkitと2種類が交互にアップされていて、私はSkitの方だけ聴いています。というわけでEnglish Cafeは除外してあります。

ピクチャ 12.png

▼ESL1_1週間後
再生回数が2回のもので最後に聴いてから7日目以降のものが現れるようにします。7日以上前のものでも聴いてないと(再生回数が2回のままだと)リストに残り続けます。ただし、古い方から5つのみを同期するようにしてます。

ピクチャ 18.png

▼ESL2_1ヶ月後
最後に聴いてから、一週間(7日)+22日=29日が経過したら、また聴くという設定。再生回数が3回にならないとこのリストには入りません。最初に聴いてから1週間後に聴くはずだったものが1ヶ月後までずれ込んでもここには現れないということです。うまくいくかな。
ピクチャ 22.png

▼ESL3_3ヶ月後
ピクチャ 20.png

▼ESL4_半年後
ピクチャ 21.png

結局、聴かないままリストから消えるのは避けたいので、猶予期間は無期限としました。うまく継続できるでしょうか。半年後のお楽しみ?!

もうひとつの効果

ところで、実はスマートプレイリストで入れ替えるメリットはもうひとつあって、この方法を思いついたのはこれが理由でもあります。というのは、「これは一週間前に聞いた、これは1か月前に聞いた」とかって別途記録を取っておかないとわからなくなるものですが、iPodが勝手に記録を取ってくれているというメリットです。記録を取らなくて済むわけ上に、今日学習するもののリストは自動で作ってくれ、容量もひっ迫しない。一石三鳥なわけです。

最後には英語力がぐんと向上・・・といけばよいなー。

 

iPhoneで英語学習(その4)スマートプレイリストで忘却曲線に立ち向かう」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: iPhoneで英語学習なエントリまとめ - macj's Log

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です