iMapMyRun_2.png

iPhoneでジョギング[3] アプリ編(2) iMapMyRun

iMapMyRun_iTunes.png
(クリックするとiTunesが起動します)

iPhoneを利用したGPSトラッキングのアプリ比較第2弾です。

前回記事は、こちら。(RunKeeper Free)

iPhoneでジョギング[2] アプリ編(1) RunKeeper Free

今回は、iMapMyRunを試してみました。土曜日の炎天下に走ってちょっとグロッキーになりながら、Garminと同時起動して比較してきました。

<機能面>
今回は前回記事と違って、機能面から紹介します。というのは、致命的だと思えることが1点あったからです。それは、記録のサーバーへのuploadがネットワークエラーでなかなか行えなかった点です。

このiMapMyRunもRunKeeperと同様に独自のデータ管理サービスを持っていますが、そのサービスへのデータの保存がネットワークエラーでなかなかつながらないのです。
最初3Gでやっているせいかと思ってWiFiでも試しましたが、待てど暮らせどつながりません。結局、次の日の夜に「これを最後にあきらめよう」と思って試してみたら、uploadできました。これでは、毎日走りたい方などデータを即uploadする必要がある方にはお勧めできません。

▼サーバーに接続できないエラー
IMG_0160.PNG

▼やっとセーブできたー。なぜかWorkoutの所用時間が加算され続けているらしく、画面の奥にうっすら見える、Average Paceが異常に遅くなってます。1kmあたり545分って・・・・。
IMG_0161.PNG

▼画面ロック。しばらく操作をしないと、画面がオフします(暗くなります)。オフ状態でタップすると、下の画面がでてきます。解錠マークをタップすると通常の操作画面に戻り、ステータス(走行距離、時間、ペース)を確認することができます。走り始めにこれがわからず苦労しました。(画面が暗くなったらホームボタンを押したくなりますよね、ふつう)

IMG_0159.PNG

<精度面>

走行距離の測定結果はこのようになりました。

   Garmin Forerunner iMapMyRun(参考記録) 
距離   3.90 km 3.68 km 

参考記録となったのは、走っている途中画面ロック周りの操作がわからず、2度測定を止めてしまったからです。止めてしまったことによる誤差は100メートル未満と推測しています。(上記はそれを考慮していない生の記録です)

▼前回と同じコースの軌跡。iMapRunFunGarmin。Garminが頑張っているように見えます。
iMapMyRun_2.png

▼記録上の鬼門。高架下を通過するポイント。両者とも乱れまくりですが、iMapMyRunが異常にショートカットしています。距離が短めに出たのはこのせいがありそうです。

iMapMyRun_3.png

肝心のデータ保存が危険にさらされて、他の機能面の評価もなおざりな感じでしたが、精度面でもRunKeeperのほうが良さげと言う結果でした。同じ無料アプリならば今のところRunKeeperがオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です