MacBook Air2011を購入!|iMacユーザーの雑感

新機種の発表以降、呪いのように「MacBookAir欲しいよ〜」って言い続けたら奥さんが折れましたw

家族でいろいろと欲しいものある中で比較的低い優先度をつけられていたMBA。なぜかプライオリティ赤丸急上昇で購入に至りました。たぶん、奥さんもなにか買いたいと思ってるんだよな。そのバーターだと思えてならない。我が家のウィッシュリストをみると、アクセサリーやらなんやらがチラホラ・・・(^o^;。

以下、購入して2週間触ってみた雑感など。

購入機種と用途

購入機種

購入したのはこちらのタイプ。

11インチ:64GB
1.6GHz デュアルコア Intel Core i5
2GB メモリ
64GBのフラッシュストレージ1
Intel HD Graphics 3000

@harutomoさんにTwitterでアドバイスをいただいたり、最後の最後までメモリ4GB/SSD128GBのタイプと悩みました。今も後ろ髪をひかれる想いもある。

最終的にはMBA購入を許してくれた奥さんへの後ろめたさからか4GBタイプは選べなかった・・・w。

用途

買う時点での用途は不明w ホントにホントに物欲に負けただけでした。買ってから考える系。Apple製品を好むようになってからこの傾向が強いw

実際のところ、あくまでセカンドマシンであって、自宅メインマシンであるiMacでやることとMBAでやることはしっかり分かれそうだなという印象。

▼こんな感じ

  • iMacで引き続きやること
    • iTunesのデータ管理
    • 写真管理(iPhoto)
    • 家計簿(シングルライセンスのiComptaで奥さんと)
  • MBAでやること
    • ブログ投稿
    • 開発(しょぼいスクリプト作成など、できればiOSプログラミングも!)
    • OmnifocusのGTD
    • メール、カレンダーをちょこちょこ

MBAファーストインプレッション

で、使ってみた感想。本格運用はまだまだこれからですが現時点での感想。

処理性能

メモリを3G積んでるiMac Early2008よりサクサク動きます。顕著なのはMagic TrackPadを使ってLaunchPadやMissionControlを表示させるとき。画面の解像度も違うので一概には言えないでしょうが、グラフィック性能がiMac Early2008に比べると向上している印象。

バッテリ持続時間は短い

家でもできればACアダプタから解放されて使いたいところ。仕事で使っているWindows XPのモバイル系PCよりバッテリの持ちが悪いなぁという印象。多くのブロガーの皆さんが外付けのバッテリーを導入しているのも頷ける。
ちなみに13インチだとバッテリ容量がもっと大きいらしい。

ファンが結構うるさい

噂には聞いていたけど、気にならなくはないレベル。SSDで静かだから一層気になるのかもしれません。

モバイルには重たい?

これもWindowsのモバイル系PCを持ち歩いてきた感覚と比べると、見た目の割に思い気がする。あとは筐体がさらさらしていて滑りやすいので片手で持ち上げたときのホールド感が弱いことが重たく感じさせる要因かも。これは初代iPadにもあった感覚かな。

***

上記では期待の裏返しからかネガティブな感想が多く並びましたが、実際のところかなり気に入っています。

今までは夫婦共有でiMacをひとつのアカウントで使っていましたが、今回は自分専用。自分のMacがあるってだけでいろいろと快適です。しかもノート。しかもAir。

快適すぎていろいろニヤついてしまうくらいです。

近いうちにMBAにインストールしたアプリケーションのまとめ記事を書きまーす。

 

MacBook Air2011を購入!|iMacユーザーの雑感」への18件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です