電動歯ブラシPanasonic EW-DS14を使ってみた(購入編)

人生で初めて電動歯ブラシなるものを買いました。

じゃーん。

これ。

購入時のポイント

買う上で気にしたポイントは以下の通り。

  • ブラシと柄の厚み
  • 見た目
  • 手頃な価格

言い換えると回転数とか音波(?)とか全然気にしてませんでした。

ブラシの厚み

これがある意味、一番重視した点でした。ブラシと柄が厚いと、口腔内の狭い部分で歯茎に対して垂直に当てられません。

この時点でBraunとか、やたら分厚いのは却下。

見た目

見た目については、あんまり納得の行くものが正直ありませんでした。家電のデザインってもっと洗練されないものかと・・・。

というわけで消去法でシンプルなものを選ぶという作戦をとりました。

いわゆる「据え置き型」で充電機能がある機種(例えばこれ)は避けました。洗面台に電源ケーブルと充電台が置きっぱなしになるのもトータルの見た目としては美しくない(笑)という理由。

それから、LEDがやたらにピカピカしたり、ボタンがたくさんあるのも対象外にしました。

立派な家電とはいえ歯ブラシがそんなに出しゃばるなと。シンプルが一番です。

価格

上を見ればキリがありません。正直なところ予算は5000円まで。

なにせ初めて買う電動歯ブラシなので失敗や後悔は多いにありうると考えて、高額な機種は選ばないというスタンスでした。

また、充電機能のないものを選べば、おおよそこの範囲内で手の届く機種ばかりになりました。

で、今回買ったのがEW-DS14。5月に新発売になった機種ですが、はっきり言って前世代の機種との違いがわかりません!パナソニックの中の人がこれをご覧になったならその違いを教えてほしいくらい。ちょっとした見た目だけ?

▼前世代のEW-DS12。割安で手に入ります。



▼今回買ったEW-DS14-K(見た目の違いはごくわずか)

 

電動歯ブラシPanasonic EW-DS14を使ってみた(購入編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です